企業情報代表挨拶

「エネルギー」×「デジタル」で、
新たな循環型社会を実現する


2020年代に入り、環境・エネルギーを取り巻く状況は、「市場・制度・技術」のいずれにおいても、グローバルな規模で大きな変化の波を受けています。
すべての産業においてデジタルの活用が促進されていることも、この大変革の後押しとなりました。エネルギー産業は、通信産業および自動車産業と融合し、さらに発展していくでしょう。異業種との協業や、かつてないビジネスモデルの構築が急がれています。


エネルギーを消費する側の意識も、著しく変わってきました。2016年の電力システム改革、度重なる自然災害の経験、世界規模での脱炭素社会への転換、S D G Sへの関心の高まり。「企業が地球環境や、使用するエネルギーに対してどのような態度をとっているのか」を見極め、製品やサービスを主体的に選択したいと願う消費者が増えています。
もはやすべての産業において、「脱炭素」は企業の競争力を左右するものとなりつつあるのです。


私たちRAULは、2005年の創立以来、I O T、ブロックチェーン、A Iといったデジタルの知見を活かしながら、企業の脱炭素化をサポートしてまいりました。これからも豊富な経験と事例を活かし、クライアントの皆様とともに、現在そして未来の消費者から信頼を得る企業を目指すべく、お手伝いをしてまいります。

代表取締役
江田 健二


代表 SNSアカウント

Facebookアカウント
Twitterアカウント
noteアカウント