執筆・寄稿依頼

執筆・寄稿依頼


書籍執筆・寄稿のご依頼について

年間200社ほどの企業にエネルギーを最適化する方法や、国際的イニシアティブ参加のアドバイスしてきた経験から市場を俯瞰した最新動向や事例紹介を盛り込んだ執筆・寄稿を承ります。

内容によってはお受けできない場合があります。
その場合は、お受けできそうな人をご紹介することも可能ですので、お気軽にご相談ください。



執筆者紹介

代表取締役 江田 健二 Kenji Eda

1977年富山県生まれ。2000年に慶応義塾大学経済学部卒業後、アクセンチュア株式会社に入社。エネルギー/化学業界を担当し、電力会社や大手化学メーカーの業務改善プロジェクト等に参画。ITコンサルティング、エネルギー業界の知識を活かし、2005年にRAUL株式会社を設立。一般社団法人エネルギー情報センター理事、一般社団法人 サステナビリティコミュニケーション協会 理事、現職。

Twitterアカウント
noteアカウント
Facebookアカウント


執筆実績
2025年「脱炭素」のリアルチャンスすべての業界を襲う大変化に乗り遅れるな!

2025年「脱炭素」のリアルチャンスすべての業界を襲う大変化に乗り遅れるな!
世界の富豪は、どこに投資しはじめているか? 脱炭素は他人事ではない。今後、日本企業に吹き荒れる逆風とチャンスを明快に説く!

【書籍インタビュー記事】
もはや他人事ではない! 著者が語る、ビジネスと「脱炭素」

2時間でわかる 蓄電池ビジネスの未来: ウィズコロナ時代に拡大する20兆円市場に注目せよ!

2時間でわかる 蓄電池ビジネスの未来: ウィズコロナ時代に拡大する20兆円市場に注目せよ!
本書は蓄電池というキーワードを通して、今、大きな変革の時代を迎えている「電力・エネルギービジネス&産業」と「蓄電池が関わる新たな市場」の現状・将来展望について、著者独自の視点で解説しています。

「脱炭素化」はとまらない! ー未来を描くビジネスのヒントー

「脱炭素化」はとまらない! ー未来を描くビジネスのヒントー
エネルギー・環境分野に携わるビジネスマンへのメッセージ。「脱炭素化」はなぜ必要か?どう取り組めばいいのか?そのヒントを紹介します。

IoT・AI・データを活用した先進事例8社のビジネスモデルを公開 エネルギーデジタル化の最前線2020

IoT・AI・データを活用した先進事例8社のビジネスモデルを公開 エネルギーデジタル化の最前線2020
エネルギービジネスは、インフラ産業から情報サービス産業へ。Google、Amazonと戦う未来がやってくる!本書は、エネルギービジネスの更なる可能性について解説し、これから挑戦すべき事業として「情報・サービス産業」を提案した書籍です。

世界の51事例から予見する ブロックチェーン×エネルギービジネス

世界の51事例から予見する ブロックチェーン×エネルギービジネス
本書は、ビジネスマン向けの内容であり、ブロックチェーンのおかげで「何が実現できるようになるのか」の理解に重きを置いた一冊です。世界の50以上のエネルギービジネスにおけるブロックチェーン活用事例が掲載されており、本書はそれら具体例から未来を予見しています。



費用

書籍執筆 出版社様の指定印税にてお受けしています
雑誌等への寄稿・Webコラムへの執筆 3-5万円(目安)
インタビュー及び対談 3-5万円(目安)

※執筆内容は依頼の主旨等に応じて調整可能です。
※正式な費用につきましては、お問い合わせ時にご相談させていただきます。



お問い合わせは、下記よりお気軽にお寄せくださいませ



お電話でのお問合わせはこちら

03-6411-0858